読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道ダイヤ・設備改善案 4.京王井の頭線設備改善案

01 下北沢駅の上下線ホームは分離したほうがいい 小田急線の地下化で大きく変わる下北沢駅であるが、京王井の頭線が1面2線であるため、ラッシュ時はかなり混雑する。 そこで、南側の空いたスペースで下り線吉祥寺方面のホームを新たに設け、上下線のホームを…

鉄道ダイヤ・設備改善案 3.東武東上線ダイヤ改善案

01 fライナーをもっと増発したほうがいい 去年からようやく悲願の横浜直通の急行ができたことは大きな意義があるといえる。 ならば、平日の早朝や土休日の朝夕にも運行を拡大してはどうか。沿線の魅力向上だけでなく、土日のダイヤを日中とほぼ同じにしてわ…

鉄道ダイヤ・設備改善案 2.西武池袋線ダイヤ改善案

01 日中のダイヤを改善せよ。 西武線は10分間隔をベースにしている路線だが、池袋線だけダイヤが複雑化している。地下鉄との乗り入れもあって新宿線のように単純化するのはなかなか難しいが、 急行とfライナー快速急行の間隔が20分も開いているところがある…

鉄道ダイヤ・設備改善案 1.副都心線・東急東横線・みなとみらい線 ダイヤ改善案

01 現状では副都心線と東横線の乗り入れが不便すぎる 4年前に副都心線と東横線の直通運転が始まったが、東横線の急行が東新宿で後から来たffライナーに追い抜かれるため池袋~横浜間の有効本数が4本/hしかない、東上線直通のfライナーと西武池袋線の乗り…

鉄道ダイヤ・設備改善案

ここでは、主に都市鉄道について、物理的に可能と思われる範囲での鉄道ダイヤや鉄道設備の改善案を上げていきたいと思います。 異軌間や異集電方式の直通運転、莫大なコストのわりに存在価値がない路線やダイヤスジの提案など空想に近いものは取り上げず、延…